「石綿肺で自殺」は労災―岡山地裁判決

 アスベスト(石綿)の吹きつけ作業に従事し、じん肺の一種「石綿肺」を発症した夫が闘病中にうつ病となり、自殺したのは労災にあたるとして、中国地方の60歳代の女性が、国の遺族補償給付金不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決が26日、岡山地裁でありました。古田孝夫裁判長は「うつ病の発症と、石綿肺の原因である業務との間に因果関係が認められる」として女性の請求を認め、国の処分を取り消しました。
 
 女性側代理人の弁護士によると、アスベスト関連病を苦にした自殺で労災を認めた判決は初めて。支援団体の調べでは、同関連病を巡る自殺は、今回のケースを含めて少なくとも6件あり、患者への支援の重要性が改めて問われそうです。
 
 訴状などによると、夫は1961〜1970年、建材メーカー社員として各地の建設現場でアスベストの吹き付け作業に携わり、1987年に石綿肺と診断されました。その後、症状が悪化し、2002年7月に労災認定。2006年8月に中皮腫の疑いと診断され、2007年1月には国のじん肺区分で最も重い「管理4相当」とされました。
 
 この間の2002年10月、夫はうつ病と診断され、2007年5月に60歳代で自殺しました。
 
 女性は同7月、倉敷労働基準監督署に遺族補償給付金などを申請。国の基準では、精神障害の発症前6か月間に「業務による強い心理的負荷」があれば労災を認めますが、同労基署は、2002年のうつ病発症時の石綿肺の病状などから心理的負荷は強くなかったと判断。その後も「自殺直前まで、病状の急変など特別な出来事はない」とし、労災と認定しませんでした。女性の審査請求や再審査請求も退けられました。
 
 裁判で女性側は「石綿肺は死にもつながる進行性の病気で、うつ病になった時点で強い心理的負荷があったほか、自殺前には病状が著しく悪化し、さらに強い負荷がかかっていたことは明らか」と主張。同じ病気の元同僚らが次々と亡くなり、絶望感を深めたことも業務に関わる要因だと訴えていました。
 
 ◆石綿肺 粉じんを大量に吸入して肺が硬くなる病気「じん肺」の一種で、アスベストに曝露(ばくろ)してから発症まで15〜20年の潜伏期間があるとされます。肺機能が低下し、せきやたん、息切れの症状が出て、進行すると呼吸困難となります。根本的な治療方法はなく、中皮腫や気管支炎を合併することもあり、肺がん発症の危険性も高い。昨年度の労災認定者は全国で68人。